読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

X60sとDebian

先日部屋の片づけをしていたところ、ずいぶん長い間放置されていた X60s を発掘した。

メモリは 2.5 GB。ディスクはリカバリ用の工場出荷イメージ領域を除いて 33 GB。
実験用サーバとしてはまだ使えそうだ。

ということで、Debian を入れて実験用サーバにすることにした。

OSイメージの取得

今回は http://www.debian.org/CD/ から DVD の ISO イメージの1枚目のみを torrent でダウンロード。

ThinkPad X60s は Core 2 Duo ではなく Core Duo なので、amd64 ではなく i386 を選択。
Overview - ThinkPad X60s

チェックサムの確認

今回ダウンロードを行った環境は sygwin が入っていない Windows XP だったので、Windows のチェックサム確認ツール fciv を利用してチェック。
(手元のWindows環境にfcivが無い場合はここから落とせます)

C:\tmp>fciv debian-6.0.6-i386-DVD-1.iso -sha1
//
// File Checksum Integrity Verifier version 2.05.
//
373269dbe08e6ad8650d0156251629ada5fee4eb debian-6.0.6-i386-dvd-1.iso

DVD作成

今回は CDBurnerXP を使用。
焼ければ何でもOK。

商用ファームウェアのダウンロード

Intel Wireless 3945 用のファームウェアが必要になるので、http://packages.debian.org/squeeze/firmware-iwlwifi から firmware-iwlwifi_0.28+squeeze1_all.deb をダウンロードし、展開*1し、以下のファイルを USB メモリに入れておく。

iwlwifi-3945-1.ucode
iwlwifi-3945-2.ucode

DVDからのBoot

X60s にファームウェアの入った USB メモリを接続し、USB-DVD ドライブを接続し、USB-DVD ドライブに最初のディスクを入れて起動。
起動直後に F12 キーを押し、Boot Menu から USB CD を選択。*2

インストール

  • DVD からブートしたら Install を選択。
  • iwlwifi-3945-1.ucode と iwlwifi-3945-2.ucode については 6.4. Loading Missing Firmware にも書かれている通り USB 等からロードできる旨が表示されるのだが、どうもうまく読み込んでくれないようなので、ALT+F2 でコマンドラインに移り、以下のように手動でコピーを行ない、USB メモリを抜き、ALT+F1 でインストーラに戻る。
mount -t vfat /dev/sdb1 /mnt
mkdir /lib/firmware
cp /mnt/iwlwifi-3945-* /lib/firmware/
umount /mnt
  • ロケール
    • English/Japan/en_US.UTF-8
  • keymap
    • Japanese
  • ネットワークの設定*3
    • 無線LANしか使う気が無いので、プライマリを wlan0 にする。
  • ディスク系の設定
    • インストール先は、X60s の工場出荷イメージのパーティションを避けて設定する。
    • 基本パーティション 34GB ext3 / 起動フラグオン
    • 論理パーティション 1.5GB スワップ
  • ソフトウェアの選択
    • メールサーバ
    • SSH サーバ
    • 標準システムユーティリティ
  • MBR設定
  • リブート

リブート後

  • ping でインターネットに出られることを確認。*4

*1:Windowsなら7zipでOK

*2:ちなみに、BIOS メニューは F1 です

*3:今回はWEPなので普通に設定可能。WPA等の場合はインストール後に設定する

*4:有線接続 or WEPの場合のみ