読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotlin小ネタ:elvis operator から return する際ににまとまった処理を書きたい場合

// elvis operator, return, closure の実行値, という組み合わせ。 // この例では return で f2() の値が返る。 val value = next() ?: return run { f1(); f2() } // これでも大丈夫。 val value = next() ?: return { f1(); f2() }()

kotlin小ネタ:expression の値が null の場合のみ expression の値を変えずに処理を行う例

// オリジナル val currentValue = nextValue() if (currentValue == null) finish() // 等価コード1 val currentValue = nextValue().apply { if (this == null) finish() } // 等価コード2 val currentValue = nextValue() ?: { finish(); null }() elvis …

kotlin小ネタ:ある値が null の場合は null を、そうでない場合にはその値を用いて初期化された値を取得するサンプル

class Sample { private var mStringBuilder: StringBuilder? = null // letters が null の場合は null を、そうでない場合は letters.length で初期化された StringBuilder を生成する fun init(letters: String?) { mStringBuilder = letters?.let { Stri…